本文へジャンプ



































ブルーベリーの効用
 
 ブルーベリーが目に良いことは、雑誌やテレビなどでも多く取り上げられて
 おり、多くの方々に認知されています。
 ブルーベリーに含まれているアントシアニン色素は、ポリフェノールの一種
 で、青紫の色素成分として存在しています。アントシアニンには、目だけで
 なく様々な効果があります。
  ◆視覚改善作用
    遠視・近視の改善、老眼防止、黄斑変性症改善
  ◆抗酸化作用
    酸性血防止、抗活性酸素
  ◆血小板凝固抑制作用
    動脈瘤防止
  ◆毛細血管保護作用
    動脈硬化防止
  ◆抗潰瘍作用
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍防止
  ◆抗炎症作用
    感染症予防
  ◆血管拡張作用
    動脈硬化防止
  ◆コラーゲン合成促進








ブルーベリーの種類
 ブルーベリーは米国北部~東南部が原産のツツジ科ススキ属の小果実で、その果実が濃い青紫色に熟
 すことからブルーベリー(Blueberry)と呼ばれています。ブルーベリーの種類は約300種ほどあり、大き
 く分類すると、ハイブッシュブルーベリー、ラビットアイブルーベリー、ローブッシュブルーベリーの3つに
 分類されます。
 <<ハイブッシュブルーベリー>>
 樹高1.5~2.5mで寒冷地及び高冷地に適した品種です。粒の大きい品種で、果皮が柔らかく生食用
 とて好まれる反面、傷みやすいのが難点です。
 <<ラビットアイブルーベリー>>
 ラビットアイブルーベリーは、果実が熟す前に兎の目のようなピンク色になることから、名付けられました
 。樹高は3~4mに達する強勢種です。粒は中玉の品種で、皮が少し硬いですが、糖度が高く、ジャムな
 どの加工品に向いています。
 <<ローブッシュブルーベリー>>
 北米に広く自生している野生種です。樹高が15~40cmと低く、粒も小さい品種です。果実は、ほとんど
 が冷凍果実にされて、ジャムやワインなどの加工品として広く利用されています。日本では栽培が難しい
 ため、あまり栽培されていません。
   Copyright© 2007 Miki Construction All Rights Reserved.